技術力のシャープ~八尾工場でプラズマクラスター&空気清浄機について学ぶ会(1)

写真

自分史上もっとも遠い場所で開催されたブロガーイベントに参加してきた。会場は大阪のシャープ八尾工場。テーマは「プラズマクラスター搭載空気清浄機」だ。

●SHARPアンバサダーミーティングVol.2「SHARPアンバサダーミーティング 空気清浄機を語る編」

私自身、2013年中国北京在住時に現地でシャープ製空気清浄機を購入し、帰国時には飛行機に積んで持ち帰り今も24時間フル稼働で愛用している。

スギ花粉・ハウスダストのアレルギーが最高値をはじきだしており、空気清浄機で守られた空間以外ではまっとうに生活することすらできなくなっている。北京のスモーキーな大気の中で生活をした経験もあって、空気清浄機がどれだけ重要かも認識するようになった。

今回のブロガーミーティングに遠路はるばる参加したのもそれが理由だ。

写真

ちなみにヘルシオも愛用している。
古い話だが、大学時代に初めて購入したワープロはシャープ「書院」だ。技術者で、家中の電化製品を分解しては組み立てなおすのが趣味だった祖父が、「シャープは技術力の会社」と言っていたのがいまだに脳裏に焼き付いている。

写真

そして会場入り。

写真

部屋の両脇にずらり並べられた空気清浄機およびプラズマクラスター搭載商品。今回イベント参加に先立ち、予習のため家電量販店を訪れシャープ製の空気清浄機パンフレットももらい読んでいたのだが、そこで、

「蚊も取れる空気清浄機」

が発売されていることを知ってびっくりした。

写真

他にも、加湿機能や除加湿機能搭載の空気清浄機が多数。
プレフィルターの自動掃除機能など、手間いらずで長く高性能を維持する機能が多数搭載された製品がずらり並んでいたのだが、今回はそうした、個々の製品の紹介が目的のイベントではなかった。

写真

シャープは今年創業105年。
ただここ5年ほどは、鴻海買収など中心に、「シャープはどうなるのか」とファンを不安にさせるニュースばかりが続いている。そして昨年鴻海傘下となり半年が経過した。

「どうか安心してください。これだけの技術者がいる会社です。そのことを伝えたい」と今回のイベントの趣旨を語る、WEBサイトやPRを担当する西村氏。

会場には、参加者の数を上回る、開発者中心としたスタッフの方が控えていた。

写真

最初のレクチャーは、「PCI商品全般」の商品企画を担当する植田氏。
「PCI」ってパーソナルなんちゃらかなと思ったら「プラズマ・クラスター・イオン」の略だった。

「ミスターPCI」こと植田氏は、一般の人にはわかりにくいだろう「プラズマクラスターイオン」の仕組みと、どういった効能があるのかという話をわかりやすく解説してくれた。

写真

空気を浄化する基本的な仕組みは「フィルター浄化」だ。
空間の空気を吸い込み、フィルターを使って大気中の物質を濾過し、きれいになった空気を吐き出す。

ただそれだと、「吸い込んだ空気だけ」の待ち受け型スポット浄化となる。

それに対し、発生させたイオンを部屋中に放出し、その力でカビ菌の増殖を抑え消臭を行うのがプラズマクラスター。

いわば

「攻めのアクティブ空気清浄」

と言ったところか。

写真

そして元素記号も登場する、プラズマクラスターイオン発生の仕組みのお話と、そうして発生した人工的なイオンが、なぜ

  • 浮遊カビ菌の除菌・付着カビ菌の増殖を抑制
  • 浮遊ウイルス・付着ウイルスの作用抑制
  • 浮遊菌の作用抑制
  • ダニのふん・死がいの浮遊アレル物質の作用抑制
  • 静電気の抑制
  • たばこの付着臭の分解・除去
  • 衣類に付着した汗臭をスポット消臭
  • 部屋干し衣類の生乾き臭をスポット消臭
  • お肌にツヤを与える

効果を持つのかというお話。

写真

ここはちょっと難しいお話になるんだけど・・・

写真

興味がある方は公式サイトへ。

プラズマクラスターの効果 | プラズマクラスターイオン発生機:シャープ

・・・と思ったら、「プラズマクラスターって?」的入門コンテンツが公式サイトで見つけられなかったので、イベント時の動画を貼っておく。

▼初心者向けプラズマクラスターイオンの仕組み勉強会@シャープ八尾工場(1分8秒)

写真

プラズマ放電により、水素のプラスイオン(H+)と酸素のマイナスイオン(O2-)を人工的に作り出し、まわりをぐるり水分子で取り囲んだ状態で安定して空気中に放出し除菌・消臭する。

それが特許も取得しているシャープのプラズマクラスター技術だ。

そしてイオンの周りを水分子が取り囲んだ構成が・・・

写真

そう、プラズマクラスター搭載製品でお馴染みの、あのブドウの房ロゴ。

写真

左上の赤い丸がイオン。
そして5個の白い丸がH2O水分子。

クラスターとはもともと英語の「房」という意味なのだとか。

写真

それでは、本当にプラズマクラスターに菌を抑え消臭する力があるのか。それについては、外部の第三者研究・検証機関に委託して、多数の実証結果を得ているとのことだが、一般の人にもわかりやすいよう行った実験動画を見せてくれた。

YouTubeでも公開されている。

▼警察犬VSプラズマクラスター(3分19秒)

今から5年前に作られた動画だ。

写真

戸惑う警察犬「ジャッキー」の表情がなんともかわいいので、ぜひ見てみてほしい。

写真

ちなみにプラズマクラスター技術の実証実験を行った機関の一覧。これらは、空気清浄機パンフレットの最初の2ページにも同じものが掲載されている。

写真

またシャープはそのプラズマクラスターデバイスを他社にも提供しており、自社製品だけでなく、車メーカーやハウスメーカーなど26社の製品にもその技術が組み込まれ、車や家の中の除菌・消臭用途に使われているそう。

知らなかった。

写真

この後、他の開発者も次々登場し、どういった開発に携わっているのかなど自己紹介。

写真

この方は昨年発売された世界初「蚊取り機能付き」の商品企画に携わった方。

写真

この着ぐるみはかなり暑いらしい。

写真

写真

写真

写真

手にしているのは回路。

写真

写真

プラズマクラスターのデバイス自体の開発リーダーの方は顔出しNG。プラズマクラスターのイオン発生装置が開発され、空気清浄機に初めて搭載されたのは2000年のこと。

それから一気に小型化し、空気清浄機だけでなく様々な製品に組み込まれていくようになった。

写真

第一世代からの歴代ユニットもずらり並べられていた。
プラズマ放電によってイオンを発生させる部分がこれだそう。小さくてびっくりした。

写真

そしてふたたび西村氏。
せっかく八尾工場まで来てくれたので工場見学を!!!

写真

・・・と思ったものの、セキュリティの関係で難しく。
代わりに西村氏がビデオを抱えて工場内の開発部門の部屋や装置など撮影してまわったビデオを見せてもらった(社外秘なので写真はなし)。

そして・・・

写真

第二部へ。
ちょっと記事が長くなってしまったので、いったんここまで。

写真

> 第二部「実験」に続く

SHARPアンバサダープログラムのイベントに参加

好奇心を刺激するイベントの記事一覧