一度は訪れたい!イタリア・トスカーナ州のおススメ観光スポット

写真

東京ドームホテルで本日、イタリア・トスカーナ州観光ワークショップが開催された。トスカーナ州はイタリア中部西岸にあり、州都は"花の都"フィレンツェ。観光名所としては他にピサの斜塔が有名で、「トスカーナワイン」を思い浮かべる人もいるだろう。

でもそれだけじゃなかった!!!

ワークショップでは、現地で日本人ガイドとして活躍する二人の女性がプレゼンテーションをしてくれた。次から次に登場する魅力的な観光スポットの紹介、そして食や世界遺産やワインにカルチャーまでトスカーナ地方の楽しみ方いろいろ。

すべては無理なので、その中からいくつかピックアップして紹介したい。


7か所の世界遺産を巡る旅

写真

イタリアは世界で最も世界遺産登録数が多い国で、その数51件(日本は20件)。うち7件がトスカーナ州にある。世界遺産をめぐるツアーは日本人にも非常に人気が高いそう。

Firenze

日本人にもっとも知られているのは、花の都フィレンツェだろう。中世にはメディチ家のもと大繁栄をし、ルネサンス文化が生まれた。レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなどが活躍し、今でも芸術の街として多くの観光客が集まっている。

siena

個人的に非常に興味があるのはシエナ歴史地区だ。
フィレンツェ同様、中世に栄えた都市で、今でも当時の街並みが残っているそう。美しいファサードのシエナ大聖堂など、見所も多い。

val d'orcia

今回知った場所で、一度は訪れたいと強く思ったのがヴァル・ドルチャ、訳すと「オルチャ渓谷」だ。ワイン用のブドウ栽培がおこなわれており、広い田園風景が広がる。なだらかな緑で覆われた丘に糸杉の並木道。巡礼路も走っているのだそう。イタリア旅行は見所が多すぎて都市から都市への移動で忙しなくなりがちだが、こんな風景の中をのんびりバスで巡り、ファームステイなどしてみたい。


映画の舞台をまわる旅

写真

トスカーナ州は、中世にタイムスリップしたかのような旧市街も数多く残り、また郊外には牧歌的な自然が広がり、フィレンツェ中心に数多くの映画の舞台として使われている。好きな映画があれば、その舞台をまわってみるのも楽しそうだ。


ライフ・イズ・ビューティフル

1939年イタリア、トスカーナ地方。主人公のユダヤ系イタリア人グイドは、いつも陽気で人々を楽しませる達人。グイドと「お姫様」のドーラは恋に落ち、息子ジョズエをもうける。しかし、間もなくナチスの強制収容所へ...。そこでもグイドは幼い息子に悲惨な現実を悟られないよう、ひたすら笑顔で陽気に振舞い、嘘をつき続ける。ユーモアと悲哀が混ざり合い、人生のすばらしさを謳いあげた作品。イタリアの名優ロベルト・ベニーニ演じるグイドの、体を張った豊穣な愛が美しい。ラストは涙、涙、涙...。

この映画の舞台になったのはアレッツォという街。

Antiques fair in the Loggia of the Piazza Grande in Arezzo, Italy

そのロケ地をまわった方の記事があった。

●【映画のロケ地を訪ねて】「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台アレッツォ | TABIZINE~人生に旅心を~

そのロケ地となったのがイタリア・トスカーナ州の町アレッツォ。映画で描かれていた中世の面影を残す美しいイタリアの町並みは、映画のセットではなかったのです。映画の世界そのままの美しい町アレッツォをご紹介します。

他にも、「眺めのいい部屋」で主人公が運命の人と出会う旅先場面や、最近公開されたばかりの「インフェルノ」も舞台はフィレンツェ。市内の観光名所が次々登場するそう。行く前に見ておきたい映画だ。


巡礼路を歩く旅

写真

ヨーロッパで巡礼路というとフランスからスペイン北部へと延びる「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」が有名だが、イタリアには、イギリス・カンタベリーからローマへと向かう「フランチジェナ街道」がある。

●BS日テレ「世界水紀行」豊穣なる巡礼路 フランチジェナ街道を行く イタリア トスカーナ地方

via Francigena verso S . Gimignano Toscana

いくつもの歴史ある街を通るこの街道。舗装されていない道もかなり含まれるようだ。途中スタンプを押してくれるというのもあるらしく、トスカーナ州内の巡礼路は15日ほどで歩ける距離とのこと。時間がある人ならのんびりと二週間ほどかけ歩いてみると、観光スポットを渡り歩く旅行とはまた違った体験ができそうだ。


斜塔だけじゃなかった!ピサ

写真

フィレンツェと並ぶトスカーナ地方の人気観光スポットと言えばやはり「ピサの斜塔」。傾いたピサの斜塔を両腕で支えているかのような記念写真を撮るのがブームだが、実際に訪れた人の共通の驚きがあるそう。

「ピサって斜塔だけじゃなかったんですね!」

実は私もその認識だったが実際は違う。ピサのドゥオモ広場は「奇跡の広場」とも呼ばれ、大聖堂・洗礼堂などが建ち並ぶ。その中のひとつ円筒形の鐘楼が約3.99度傾き「ピサの斜塔」として世界的な人気観光スポットになっている。大聖堂や洗礼堂も非常に美しい建築物なので、「支えてる記念写真」撮るだけではもったいない。

The Piazza del Duomo

もうひとつ、その場にいた多くの人を魅了したピサの写真がこちら。

写真

ピサ市内を流れるアルノ河の両岸が一日だけイルミネーションに彩られるお祭りがある。ピサの守護聖人・聖ラニエリの灯火祭だそう。夜遅い時間に花火が打ち上げられるそうなので、せっかく訪れるなら早めに市内ホテルを押さえ、一泊したいところ。

●イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line「ピサのドゥオーモ広場」
●ピサの街 初夏のイベント案内 | イタリア政府観光局


トスカーナの食とワインを楽しむ旅

写真

最後に紹介するのはやはりこちら。
トスカーナにはワイナリーも多数あり、ワイン好きの人ならワイナリー巡りもいいだろう。

DSC_0649

エノテカがこんな記事をまとめている。

●ENOTECA エノテカ・ワイン通信: トスカーナで訪問すべきワイナリートップ5!

トスカーナでは家族経営の生産者が多く、たとえばオリーブオイルやはちみつなど、昔と変わらない伝統的な製法で手作りし続けているのだという。そんな土地と深く結びついた中小規模の生産者をネットワーク化し、レストランなどを通じて味わってもらう取組なども行われている。

●Vetrina Toscana(イタリア語)
 
 
 + + +
 
 
今回トスカーナ州の魅力あふれる観光資源について、たっぷりレクチャーしてもらい、行ってみたいところが一気に増えた。せっかくなら都市部だけでなく農村の牧歌的風景も楽しむべく、滞在型の旅行を計画したい。

●トスカーナ州観光サイト(イタリア語・英語他)

トスカーナ州の公式観光サイト、残念ながら日本語版はないが、写真や動画もたくさん掲載されているので、それらを眺めているだけでも楽しめる。イタリア旅行を予定している人はぜひ、時間ある時に覗いてみてほしい。

好奇心を刺激するイベントの記事一覧