釣り初心者でも楽しめる「ちょい投げ!房総族」

先週末、千葉・房総半島の鴨川で「第4回ちょい投げ!房総族」という投げ釣りのイベントが開催され参加してきた。
主催は東京湾フェリー。初心者にも気軽に釣りを楽しんでもらおうという趣旨の企画だ。

今回が第4回で、会場は鴨川市の内浦海岸。

事前申込の他、当日現地に直接きて参加することも可能(参加費500円)。

釣り竿を持っていないなら、現地で3,500円で竿&リール&糸&仕掛けのワンセットを購入することもできる。プロアングラー(釣りのプロ)や釣り達人に、糸の通し方から仕掛けのつけかた、そして竿の振り方まで全部教えてもらえるので、経験ゼロのど素人でも安心だ。

私も釣りなんて子供の時以来。
手ぶら参加し、ワンセット購入して初歩の初歩から教えてもらった。

釣り竿セット以外にもいろいろ販売されている。

ちなみに鴨川は日蓮上人の生誕の地。
ここはタイの群生地で、日蓮上人が誕生した時に鯛が飛び跳ね祝ったという言い伝えから、「鯛の浦」と名付けられ、鯛漁が禁じられているそう。

8時過ぎから参加者が集まり始め、それぞれ好きな場所で釣りを始めていたが、9時に一度全員集合。主催者である東京湾フェリーの寺元さんからイベントスタートの挨拶。

日刊スポーツの寺沢さん。

夏の海水浴シーズンはせいぜい2か月。それ以外は閑散としてしまう房総の砂浜。
そんな砂浜からの投げ釣りならお金もかからず手軽、初心者でも楽しめる。気軽にできる投げ釣りの魅力を多くの人に体験してもらい、釣りに興味を持ってもらいたいということで始まった企画だそう。

プロアングラーの林さん。
なかなかこんな方に教われる機会、普通はないよね。

逃げ惑うゴカイジャリメに「ごめんね」と謝りながら針にさし・・・

投げ釣りスタート!

さっそく釣り上げる寺沢さん。
さすが~!!!

私はそもそも「まっすぐ重りを飛ばす」ことすらできず、下手すると大きく斜め方向に飛び、波打ち際に「ぼとん」。

「・・・投げられない!」

そういうと寺沢さん、竿を握る位置から指のかけかた、竿とリールの向きなど、ステップごとに丁寧にわかりやすく教えてくれ、なんと次から一発でまっすぐ飛ぶようになった。

教え方が見事過ぎる!!!

その間、テント下では料理が進行。

鴨川といえば・・・

なめろう!

BBQの準備も。

釣れるのは魚だけではない。カニも!

投げられるようにはなったものの、当たりがまったくない私。
マルキューの「パワーイソメ」なるものを投入してみることにした。

いわゆる疑似餌。
ちぎって使うのだが、これが感触といい動き方と言い、本物そっくりで驚く。

ただまあ、餌がよければ釣れるほど単純ではなく。

「全然釣れないんだけど・・・」と言ってるすぐ近くで、林プロがにっこり。

「4匹釣れちゃった」

魚はたくさんいるらしい。
小さなお子さん達も次々釣り上げ、浜のあちこちから歓声があがっていた。

単に私が・・・魚と相性悪いだけのようだ。

そんな中、見事一匹目を釣り上げた父。

そして最後の最後、私も釣り上げました。

かなりの大物を!!!

まあいいんです。
楽しかったから。

ちゃんと気持ちよく投げられるようになったし♪

テント下に戻ると、キスやカレイ?ヒラメ?のフライが。

釣りたて&揚げたて。
かりっと香ばしいフライ。

砂浜で潮風受けながらの魚フライ。
こんな贅沢で美味しい食べ方は他にないかもしれない。

味噌・ネギと一緒にたたいたなめろうは、
酒飲みの人にとっては何か別の欲求をくすぐる味だ。

この後、車やバイクで帰途につく人が大半なので、お酒はなしなんだけどね。

初心者でも1人でも気軽に参加できる「ちょい投げ!房総族」。
今年最後のイベントが、来月11月6日(日)に鋸南町の竜島海岸で開催されるそう。釣りの後はジビエBBQということなので、今回とはまた違った盛り上がりになりそう。

近いうちに東京湾フェリーのイベントページでも告知されると思うので、気になる方はぜひチェックを。

●東京湾フェリー株式会社

好奇心を刺激するイベントの記事一覧