【PR】ベイシア勝浦店オープン~攻略法その3:電子レンジ簡単調理セット&CP高いベイシア商品

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

調理面倒という人にもうれしい「電子レンジでチンするだけ」食材

写真

初めて見た時

「これはナイスアイディア!」

と感動したのがこれ。

右上に「チンして簡単おやつ野菜」と書かれている。

中身は、皮をむいた状態の小ぶりな玉ねぎや、洗浄済のじゃがいも、さつまいも、里芋などだ。

写真

これを袋のまま電子レンジで5~6分加熱すれば、そのまま食べられるというもの。

育ち盛りの子供のおやつにもよいだろう。

野菜売り場に普通に置かれていたら、「小さくて調理が面倒かな」と思うサイズのサツマイモも、こうなっていれば買いたくなる。

ベイシアには、「なるべく料理に手間をかけたくない」という省力・時短指向の人のニーズを汲んだ商品が多数あるが、これもそのひとつだろう。

「電子レンジでチンするだけ」簡単調理セットは、貸別荘利用者にとっても便利な商品。

手間をかけずに一品増やすことができる。

写真

豚肉ともやし、それにガーリックパウダーやオニオンパウダーで味付けし、スライスにんにくなどを散らした「無限もやし炒め風」は、パッケージのまま電子レンジで5分加熱すれば完成しちゃうそう。

写真 写真

同様のコンセプトの商品は他にもある。

肉料理を電子レンジだけで作るという発想はなかったが、ガス台を使わずに作れるのは便利だし後片付けもラクチン。やってみたくなる。

CP高くて使いやすい「ベイシア」ブランド商品いろいろ

写真

ここで急に話題が変わって恐縮だが、ベイシアのプライベートブランド(PB)商品。

近隣に店舗がないという人ならいい機会なので、店舗に立ち寄った際にはPB商品もぜひチェックしてみてほしい。

とにかくコストパフォーマンスがいい!

例えば生くるみ。

500gで969円は確かにお買い得。しかも安かれ悪かれではない。崩れておらず大きな塊のままの実が多く、食べ応えある良質なものだ。

写真 写真

コーナーエンドには、一押しのベイシアPB商品が山積みになっている。

現在ベイシアが販売するPB商品の数は、衣食住で約1,777アイテムとのこと。

他の商品より価格が安く、大手メーカーとのタイアップで作っているものが大半なので質の面でも安心して購入できる。

写真

使い切りサイズの商品も多い。

個人的に気に入って時々買っているのがこのしらたきだ。煮ものなどにちょっと加え、余らせることなく使い切るのにベストなサイズ。

写真

こんにゃくも同様に食べきりサイズ。

群馬産だ。

写真

強炭酸水も、ハイボール用などに箱でまとめ買いしておくといいだろう。

500mlで税込62円、1Lボトルでも95円だ。

写真

食料品以外も多数。

このドライシート・ウェットシートは、部屋ごとに置いておくとちょっと床掃除したい時にさっと使えて便利だ。ドライシートは35枚入りでウェットシートは20枚入りで税込98円。

キャンプ道具もオリジナルブランドが激安!

写真

ベイシアのPB商品は調理道具にも及んでいる。

我が家でも使っている20cmのフライパンは税込498円。

フライパン返しやトングなども一通り揃っている。

キャンプに使えるお手頃価格のものもたくさんあるので、もし不足アイテムがあるならベイシアに行ってみよう。勝浦店は違うが、店舗によっては同グループのホームセンター「カインズ」併設の店舗もある。

写真

アウトドア用品も販売している。

ベイシアワールドスポーツのアウトドアブランド「BOISOL」のラウンジチェアは、なんと一脚税込537円という激安っぷり。

私が3年前に地元ベイシア・カインズ一体型店舗で購入したカインズブランドの商品が恐らくこれとほぼ同じ。その価格に驚き家族人数分購入した。それ以来、庭で焼肉・BBQなどする機会が増えた。

キャンプはもちろん、海水浴にもいいだろう。

少々かさばるが、車で運ぶ分にはそれほど大きな問題にはならない。釣りにも使える。

写真

パイプ取っ手付きクーラーボックスも激安。

3月なのでまだ商品点数はそれほどなかったが、夏の行楽シーズンが近付けばもっと充実してくるのだろう。ラインナップが楽しみだ。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

好奇心を刺激するイベントの記事一覧