RICOH THETA S+バイクで360度全方位走行動画を撮る(1)品薄なはずがなぜか早かった納期

写真

初めてTHETAを見たのは昨年3月慶良間島2泊3日ツアーに行った時。ネタフルのコグレさんが持っていて、面白い写真をたくさん撮ってくれた。その後1年してYouTubeに360度全方位動画が公開できるようになり、11月からはFacebookでも直接公開できるようになった。

新機種「THETA S」も性能大幅アップと聞き早速注文!

●楽天市場で「RICOH THETA S」の最安値をチェック

写真

品薄と聞いており、ダメ元で「納期1ヶ月程度」と書かれていた楽天市場のムラウチで注文したのが11月21日。


【送料無料】【smtb-u】【お得なセットもあります】 RICOH/リコー ※納期1ヶ月程度かかります R...

その後25日に「メーカーへ納期を確認致しましたところ大変申し訳ございませんが納期未定との回答でございました。なお、次回の入荷見込みにつきましては【 12月末以降 】とのことでございます」なんていうメールが届き、仕方ないかと諦めていた。

が、なんと!!!

注文から一週間後の11月28日、「ご入荷のお知らせ」「商品発送のお知らせ」が相次いで届き、翌29日に商品が届いた。

写真

同梱物はこれだけ。
本体に簡単な説明書、ケーブル、伸縮ナイロン製のケース(ちょっときつい)。

写真

本体は触り心地よく手にしっくり張り付くような素材。
なかなか高級感もある。

でも構造上レンズ部分のカバーガラスが半球面で飛び出しているので、傷つけてしまわないかちょっと心配だ。こまめにケースに入れる習慣をつけねば。

写真

フィギュア展示ケースみたいだが、THETAの純正ケース。
なくてもいいんだけど、バイクに取り付けて使う予定なので、石や虫がぶつかって傷ついたりしないよう一緒に購入した。

写真

さっそくテスト走行♪

クロスカブを乗りこなすの記事一覧