クロスカブに「旭風防 ショートバイザ(SPC-08C)」装着

写真

余計なものはなるべく付けたくないなと思ってたんだけど、流石に冬は、近場に行くのも辛いほど風が冷たいので、物は試しで風防つけることにした。クロスカブ乗りの諸先輩方のブログ記事などを読み、クロスカブに「旭風防 ショートバイザ(SPC-08C)」に。


旭風防 ショートバイザー クロスカブ [品番] SPC-08C
価格:7,610円(通常配送無料)

写真

取り付け用のパーツいろいろ。
クロスカブ用になっているので、もろもろ干渉しないようこれで高さ調整なんかもするらしい。

写真

バックミラーを一度取り外し、ホルダーを挟んでそこに取り付ける形。
何でもそうなんだけど、装着した人の記事によると、「仮組み」必須で、最後まで組み上げて場所を最終的に調整してから本締めすることが大事らしい。

写真

早速取り付け作業開始!

写真

まずはバックミラーを外してそこにホルダー(先っぽがクルッと丸い筒になっているパーツ)。

写真

その丸い筒部分にステー(風防を固定するL字型のアーム)を差し込んで固定。

写真

シート側から見るとこんな感じ。

写真

そして取り付け完了。
特に迷うところもなく、一番苦労したのはアスファルト上に落としたワッシャーの探索。あれって丸いから転がっていっちゃうんだよね・・・。

レビューには「意外に小さかった」という声が溢れていたが、それ読んだ上で買ってもやはり想像より小さい印象。

さらにAmazonの商品ページだとグレイの色がついているように見えたんだけど、実際は写真の通りクリア。

写真

正直言って、付けている感がほとんどない。
いま久しぶりにこの写真見て「そうだ、半月前に風防付けたんだった」と思い出したほど、違和感なく自然に溶け込んでいる。

効果はどうかというと、やはり楽になった。
大きさもそれほどじゃないので、風を完全に防いでくれるわけではないが、それでも今まで胸のちょっと下から首まで直接風を受けていたのが、かなり和らいだ。

「かなり風が顔に集中します」「ヘルメットに当たる風が強まってバタバタととてもうるさいです」というレビュー書き込みもあるが、多分自分が身長156cmだからなのだろう。特に顔・ヘルメットへの風の当たりが強くなった印象はない。

あ、そっか。

今度またがった状態の写真を真横と正面から撮ってみよう。
その写真があれば、どのあたりまでカバーしているか客観的にわかるはず。

写真

これなら、冬だけじゃなく夏もつけっぱなしでもいいかも。

北海道ツーリング途中、「バイザ必須」と力説してくれたハーレー乗りのおじさまに感謝。


旭風防 ショートバイザー クロスカブ [品番] SPC-08C
価格:7,610円(通常配送無料)

もっと大きなの付けたい人は、雨ガエル1号・2号さんの記事が参考になります。

●スーパーカブのブログ‐雨ガエル1号・2号 クロスカブにスクリーン装着です。

クロスカブを乗りこなすの記事一覧